2014年06月16日

井の頭自然文化園 (動物園) ガイドツアー

IMG_2182.jpg


ディズニーランドのガイドツアーが2時間半で3600円かかる時代に、井の頭自然文化園 (動物園) のガイドツアーは、なんと無料です!
うれしいですねえ。

しかも、このガイドツアー、専門の知識を持った動物解説員の方が色々なことを教えてくれるので、動物園の新たな楽しみ方を発見できて、すごく楽しいんです。


動物たちの習性や、おもしろいエピソード、どんなエサを、どの位、どのようにして食べるか、飼育の苦労話、赤ちゃんが生まれた、なんていう話から、「外来魚問題」や「環境エンリッチメント」(飼育動物が幸せに暮らせるように、飼育環境に工夫を凝らすこと)のような話まで、内容は多岐にわたっています。


ぞうのはな子についての説明
IMG_4280.jpg


生まれたばかりのマーラの赤ちゃん
IMG_4275.jpg


戦争まっただ中に開園した動物園の苦労話や、動物園に生えているアカマツには、戦時中に飛行機を飛ばす燃料にするための、松脂を採取した傷跡があることなども教えてくれます。


戦時中に松脂を採取した跡
IMG_2171.JPG


普段は入れないような場所にまで連れて行ってくれて、動物たちに与えるエサを作っている様子や、木を使ってエサ台や巣箱などを手作りしている様子を見せてくれたりもします。


動物のエサ
IMG_4254.jpg


動物の種類別の様々なエサ
IMG_4257.jpg


井の頭池に一晩仕掛けておいた網を引き上げて、どんな魚がかかっているかを見せてくれたり、園内に様々な病原菌が入り込まないように、車両のタイヤを消毒する装置を見せてくれたりもします。


一晩仕掛けておいた網
IMG_4214.jpg


車両のタイヤを消毒する装置
IMG_4250.jpg


解説員の方は、肩からカバンを下げているのですが、次から次へと、色々な物が飛び出してきて、まるで魔法のカバンのようです!

写真のパネル、動物の毛皮や骨、本物の鳥の足、リスに食べさせる番号入りのクルミ、エビフライの形にリスがかじった松ぼっくりなどなど、面白い物がタイミングよく出てきます。

カバンの中から出てきた折り紙のオシドリは、1羽ずつ内側に動物園に関わる色々な質問が書かれていて、答えがわからない時は解説員の方が教えてくれて、たくさん勉強した後、かわいいお土産になりました。

バッジもうれしいお土産になりました!

IMG_6767.jpg

ガイドツアー参加は無料、所要時間は約45分で、事前の申込は不要です。

詳しいスケジュールは、井の頭自然文化園ホームページをご覧ください。

posted by ぞうのはな子 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

井の頭自然文化園 いきもの広場

IMG_6857.jpg


井の頭自然文化園(動物園)の、「いきもの広場」で、
4月〜11月は
毎週日曜日 11:00〜12:00、
12月〜3月は
第2・第3・第5日曜日 11:00〜12:00に
「いきもの広場で遊ぼう」という体験型のイベントが行われています。

ボランティアの方といっしょに、色々な生き物を探そう、というイベントです。

いきもの広場には、何があるというワケではありません。
外から見たら、何もいないじゃない、って感じの、そう、昔のこどもたちの遊び場だった野山みたいな場所です。


IMG_6861.jpg


多様な生き物が集まるような環境と、ちょっとした仕掛けを作ってあるだけなんです。

木の表面におおいをつけたり、地面の上に板を敷いたり、落ち葉を敷きつめたりしてあります。
IMG_6853.jpg

何もいそうにない野山に一歩足を踏み入れ、岩をどかしたり、落ち葉の山を掘り返したり、池の泥をすくったりすると、出てくる出てくる!

大きなカエルやカブトムシの幼虫、トンボの幼虫(ヤゴ)、トカゲにヤモリ。

何かを見つけると、宝物を探し当てたようで、なんだか妙にうれしい!

これは小さい男の子が捕まえたトカゲ。(写真をクリックすると大きくなります。)
IMG_6698.jpg

カブトムシの幼虫
IMG_7622.jpg

岩の下で眠っていたカエル
IMG_7580.jpg

初めは気味悪がって、カエルや幼虫を触ることができなかった子どもたちも、平気で触れるようになり、生き生きと目を輝かせて生き物を探して走り回るようになります。


じっとしていればオオシオカラトンボやダイミョウセセリ(蝶)なんかも飛んでくるし、葉っぱの上にはカメムシやカマキリ、バッタもいる!

小さい池の上を飛び回るオオシオカラトンボ
IMG_7601.jpg

3週間ほど前に、ちょうどカマキリの卵から赤ちゃんが出てくる様子も観察できたそうです。
IMG_6709.jpg

池にはオタマジャクシがいっぱいいて、だんだんカエルに変わって行く様子を観ることもできる。

夏にはカブトムシだって見つけられる!

もう、大人も子どもみたいにはしゃいで、みんなとっても楽しそう!
毎週通ってくる親子もいるのだとか。


IMG_7617.jpg


こんな体験、都市の中ではもうできないと思っていたけれど、ボランティアの方に伺うと、どこかから生き物や卵を持ってきたりしたわけではなく、環境を作ってあげただけで、生き物たちが自然に集まってきたのだそうです。

私たちの身の回りには、今でもたくさん、こんなにステキな生き物たちが生き続けているっていうことがわかって、すごくうれしかったです。

井の頭自然文化園のホームページに、いきもの広場のおもしろいショートムービーがありますので、ぜひご覧になってみてください。
    Making of いきもの広場
    いきもの広場で遊ぼう


posted by ぞうのはな子 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

井の頭自然文化園 本園(動物園) 売店のお弁当

IMG_6739.jpg


以前あったのは、昭和レトロな売店で(それはそれでなつかしい良さもありましたが)、お昼時に食べたいものがなくて、いつも困っていました。

少し前に売店がおしゃれに生まれ変わり、メニューも新しくなったのですが、この内容がとっても良くて、どれも試してみたくなってしまうものばかり!

ヘルシーブームも取り入れて、雑穀ごはんの薬膳カレーなんかを作ってしまうあたり、「なかなかやるじゃない」と感心してしまいました。

雑穀ごはんの薬膳カレー 720円
IMG_6743.jpg

サンドイッチ 420円
IMG_6744.jpg


トマトソースのペンネ(プチパン、サラダ付き)650円
ミネストローネ 320円

などもあります。

こどもたちのことだって、ちゃんと大事にしてくれていて、ぞうさん弁当は、あまりのかわいさに涙が出そうになっちゃいます。

ぞうさん弁当 580円
IMG_6742.jpg

焼きそばだって、こんなにかわいいパッケージ、こどもたちが「持ってかえりたい!」なんてダダをこねている姿を想像して、うれしくなっちゃいます。

焼きそば 450円
IMG_6747.jpg

焼きおにぎり弁当 600円
IMG_6748.jpg
他にも、

キャラメル・ラテ 300円
どらもちアイス 380円

など、誘われてしまいそうなメニューがたくさんあります。



売店には井の頭自然文化園オリジナルのかわいいお土産も色々あるので、かわいいお気に入りを見つけてみてください。

posted by ぞうのはな子 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

井の頭自然文化園 本園(動物園)モルモットふれあいコーナー

IMG_4603-1.jpg


動物園の中で、いつも賑わっている人気の場所が、ここ、モルモットふれあいコーナー。
土日には2000人もの人が訪れるそうです!

フワフワのかわいいモルモットを、ひざにのせて、なでなでするっていう場所なんですが、モルモットも人も、みーんな、それはそれは幸せな顔になっちゃって、ほんわかムードいっぱいです。

モルモットの和名はテンジクネズミで、南米原産の野生種を家畜化したものです。白、茶、ブチ、縮れ毛などなど、色々な容姿をしているので、自分の好みの子をだっこして、なでなでします。

ここにいるモルモットは、すべて出産、子育てを終えたメスばかりだそうです。子育てをしたメスは温厚になるんですって。

抱っこできる時間は、毎日 10:00〜12:00 、13:00〜15:00(混雑時は時間制限あり)


上品なカラーリングです
IMG_9758.jpg


お鼻の黒がチャームポイント
IMG_9754.jpg


ゴージャスな白いコートがおしゃれ
IMG_9775.jpg


モルモットの赤ちゃんは、生まれた時からすでに大人と同じように毛が生えていて、すぐに食べ物も食べ始めます。

隣の家畜舎にある「赤ちゃんのお部屋」にモルモットの赤ちゃんを展示しているので、こちらも忘れずに観てください。

IMG_5289.jpg


タイミングがよければ、生まれて間もない小さい赤ちゃんを観られるかもしれません。

IMG_3149.jpg


「モルモットとなかよくなるのうた」という歌を、井の頭自然文化園が、こどもたちのために作ったのですが、これがものすごくかわいいので、井の頭自然文化園ホームページ、またはYouTubeなどで、ぜひ聞いてみてくださいね。

posted by ぞうのはな子 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

アジアゾウはな子66歳のお祝い会

IMG_4098-1.jpg


井の頭自然文化園(動物園)で「アジアゾウはな子66歳のお祝い会」が行われました。

園内はまだ雪が残っていましたが、暖かい日差しに恵まれ、大勢のはな子ファンが訪れました。

66歳というのは日本で飼育されたゾウの最高齢です。

はな子さん、おめでとうございます。


お祝いのケーキ
IMG_4113-1.jpg


来賓の方々とちびっ子3人でタイから贈られたいちごを飾りました。
IMG_4163-1.jpg


スポンジ部分は食パン、クリームはさつまいもで作ったそうです。
丸いのはおにぎりで、白いご飯とお赤飯の2種類。

最近はな子はおにぎりにハマっているらしいです。

歯が1本しかないはな子にとって、繊維質の多い野菜類は消化器に負担が大きいということから、試行錯誤の結果、おにぎりなどの炭水化物中心の食べ物を毎日あげているとのこと。

2011年の冬に著しく体調が悪くなってから、夏は冷房、冬は暖房を入れてエサも工夫したことで、今は食欲が落ちることもなく毎日元気に過ごしているそうです。


うれしそうにケーキを食べてくれました。
IMG_4222-1.jpg


飼育係の方は「はな子が求めていることを感じて実現させてやりたいです。」
とおっしゃっていました。

はな子さん、やさしい飼育係の方にお世話してもらって、もっともっと長生きしてくださいね。



posted by ぞうのはな子 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする