2013年01月20日

アジアゾウはな子66歳のお祝い会

IMG_4098-1.jpg


井の頭自然文化園(動物園)で「アジアゾウはな子66歳のお祝い会」が行われました。

園内はまだ雪が残っていましたが、暖かい日差しに恵まれ、大勢のはな子ファンが訪れました。

66歳というのは日本で飼育されたゾウの最高齢です。

はな子さん、おめでとうございます。


お祝いのケーキ
IMG_4113-1.jpg


来賓の方々とちびっ子3人でタイから贈られたいちごを飾りました。
IMG_4163-1.jpg


スポンジ部分は食パン、クリームはさつまいもで作ったそうです。
丸いのはおにぎりで、白いご飯とお赤飯の2種類。

最近はな子はおにぎりにハマっているらしいです。

歯が1本しかないはな子にとって、繊維質の多い野菜類は消化器に負担が大きいということから、試行錯誤の結果、おにぎりなどの炭水化物中心の食べ物を毎日あげているとのこと。

2011年の冬に著しく体調が悪くなってから、夏は冷房、冬は暖房を入れてエサも工夫したことで、今は食欲が落ちることもなく毎日元気に過ごしているそうです。


うれしそうにケーキを食べてくれました。
IMG_4222-1.jpg


飼育係の方は「はな子が求めていることを感じて実現させてやりたいです。」
とおっしゃっていました。

はな子さん、やさしい飼育係の方にお世話してもらって、もっともっと長生きしてくださいね。



posted by ぞうのはな子 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭自然文化園(動物園)) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

雪景色

IMG_4032.JPG

昨日は、思いがけず大雪になりましたね。

井の頭公園では15cm近く積もりました。

今朝、雪景色の公園を散歩して、いつもと違う風景を楽しんできました。

弁天橋の上に雪が積もったこの景色はとってもめずらしいですね。

狛江橋と七井橋はスロープがすべるので、職員の方々が雪かきをしてくださっていました。
ご苦労様です。


ボートの上にも雪がたくさん!
IMG_4039.JPG


なんと、動物園の前の雑木林の木が1本倒れてしまっていました。
IMG_3960.JPG

台風や雪で、1年の間にずいぶん何本もの木が倒れてしまうものなんですね...。


昨日、雪が降っている時にタクシーの中から撮った動物園前の雑木林の写真です。
公園 雪_1.JPG
木々が真っ白で、とってもきれいでした。


posted by ぞうのはな子 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

武蔵野吉祥七福神めぐり

IMG_1119-1.jpg

武蔵野吉祥七福神めぐりに行きました。

以前から行ってみたいと思っていたのですが、ようやく実現しました。
吉祥寺周辺の6寺社の七福神をめぐり、一年の開運を願うというイベントです。

IMG_1120-1.jpg

七福神は、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、寿老人、福禄寿の七神をいい、室町時代に民間信仰として始まったとされています。

この武蔵野吉祥七福神めぐりは最近始められ、今年で7回目です。

1.井の頭弁財天(大盛寺)・・・弁財天
2.杵築大社・・・恵比寿様
3.延命寺・・・毘沙門天、寿老人
4.大法禅寺(大法寺)・・・福禄寿
5.安養寺・・・布袋尊
6.武蔵野八幡宮・・・大國様

この順に廻りました。

廻りながら、どうして神社とお寺の両方があるのか不思議に思いましたが、帰ってから調べてみると、日本の神様や、インドに存在したヒンズー教などの神様、中国古来の道教の神様などが、ごちゃまぜになっているので、七福神コースには、神社だけでなく、お寺も含まれているということがわかりました。
なーるほど!

こんなバスで巡ります。
IMG_3834-1.jpg
ちょっと遠足気分♪

吉祥寺駅北口、関東バス1・2番バス乗り場付近に七福神巡りのテントが出ているので、そこでバスのチケットを購入します。
各寺社でも購入できます。

バスの乗車券は1日乗り降り自由で200円。
バスの乗車券と七福神めぐり色紙、お土産のセット2000円というのもあります。

キーホルダーなどのお土産も売られています。

七福神絵馬 500円
IMG_3849-1.jpg


吉祥ベジ副神まんじゅう 1000円
IMG_3847-1.jpg


途中の延命寺では甘酒のサービスもあり、日にちを選べば、南京玉すだれの実演を観ることもでき、なんだか旅行気分で楽しめます。

バスの時間が30分に1本なので、それぞれの寺社でバスを待たなければなりませんが、武蔵境の杵築大社(きずきたいしゃ)ではイトーヨーカドーが近くにあって時間をつぶしたり、1区間歩いてみるとか、地図に載っているうどん屋さんで武蔵野地粉うどんを使った年明けうどんを食してみるなんていうこともできるので、ゆったりと廻っていただければと思います。


これは最後に訪れた武蔵野八幡宮
IMG_3863-1.jpg


武蔵野八幡宮に祀られている大國様
IMG_3867.JPG


武蔵野八幡宮の入り口左側におもしろいものを発見!
IMG_3864.JPG
「神田御上水 井の頭辨財天 道標」
とかかれています。
井の頭の弁天様へお参りする人のために建てられた道標です。

もともと武蔵野八幡宮の対角にあったものを移設したそうです。
こんなところに、こんなものがあったなんて、全然知りませんでした!
ちょっとびっくりでうれしい!

色々おもしろいものに出会えた武蔵野吉祥七福神めぐりでした。
(七福神の写真はあえて載せませんでした。どうぞお楽しみに!)
posted by ぞうのはな子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

井の頭弁財天

IMG_1103-1.jpg


井の頭弁財天に初詣に出かけました。

井の頭弁財天は、伝教大師(最澄)作の弁財天を源経基が安置したのが始まりとされ、宮社を建てたのは源頼朝だったと言われています。

現在の御堂は徳川家光の建てた御堂が焼失した後、昭和初期に再建されたものです。

井の頭弁財天には数々の伝説や歴史があり、調べてみるととてもおもしろいです。

弁天様は一般的には琵琶を持った2本の手の女性として知られていますが、井の頭弁財天のご本尊は8本の手を持った八臂像で、頭上に宇賀神を載せ鳥居を冠しています。
普段は大切にしまわれている秘仏のご本尊が12年に1度、巳年にご開帳されます。
今年がまさにその12年に1度の巳年。
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
の3日間にご開帳されるので、この機会をお見逃しなく。
大変優しいお顔をした美しいお姿です。

弁財天(弁才天)はもともとはインドのヒンドゥー教の神様サラスヴァティーで、水の神様とされてきました。日本では、農業や穀物の神様である宇賀神信仰と混ざり、五穀豊穣の神様としても崇められました。

弁天堂正面の階段を登った所に、老人の頭を持った白蛇がとぐろを巻いている宇賀神像があります。
宇賀神は五穀豊穣・農業の神、日本神道の水神です。

IMG_1113-1.jpg

宇賀神像については伝説があります。
「その昔、松原(現世田谷区)の長者夫婦が、井の頭弁財天に願をかけて、娘を授かった。首筋に3枚のウロコがある娘は、弁天様のようだと評判になるほど美しく成長したが、16歳の春、自分は池の主の化身だと告げて、池に身を投げ、みるみる白蛇に変わってしまった。夫婦はせめてもの供養にと宇賀神像を作った。」
その宇賀神像が現在どこにあるかは定かではありません。

井の頭弁財天の絵馬には、その年の干支にはかかわらず、池の主と伝えられる白蛇の絵が描かれています。

IMG_1096-1.jpg


また、御堂の裏手には銭洗い弁天があります。
IMG_1098.JPG

お金を洗うと金運がつくと言われています。

巳年の巳の日に洗えばなお御利益が!

井の頭弁財天は弁天様のほかにも、毘沙門天や大黒天もまつられており、一度に三福神がお参りできる、大変ありがたいお堂です。

武蔵野吉祥七福神めぐりのルートにもなっていますので、ぜひお出かけください。



posted by ぞうのはな子 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする