2011年05月23日

ナガミヒナゲシ

IMG_0138-1.jpg


数年前から、井の頭の界隈でもよく見かけるようになったこの花はナガミヒナゲシというケシ科の花。

数年前までは日本で見かけたことのない花でした。

地中海沿岸から中欧にかけてが原産の外来植物で、何かに混ざって日本に持ち込まれ繁殖したそうですが、繁殖力が強いためにあっという間に広がってしまいました。

アルカリ性の土壌を好むため、コンクリートのある道端や駐車場、塀の近くなど、比較的都会で多く繁殖しているようです。

最近の研究で、根などから出る物質は他の植物の生育を阻害する作用が強いことが判明し、生態系を乱すおそれがあると言われています。

たくさんの種をまき散らすので、見つけたらすぐに摘み取ってしまったほうがいいとか。

フワフワと風にゆれて見かけがかわいいので、なんだかかわいそうな気がして、今までこの花を見かける度に摘むべきかどうしようかと悩みながらも結局摘まずに通りすぎてきました。

でも、最近あまりにもナガミヒナゲシが増えてきたので、なんとかしないと大変なことになっちゃうかもしれないな、とちょっと心配しています。

posted by ぞうのはな子 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

土筆(つくし)はその後何になる?

IMG_9732.JPG


春先にツクシを見つけたので、ツクシって、その後いったいどうなるんだろうと思って何日か観察してみました。

そうしたら、ただしおれて枯れるだけで何にもならないんです。

じゃあ、なんのためにツクシは存在しているんだ!と気になってしかたなくなり調べてみました。

そうしたら、つくしはスギナの胞子茎だということがわかりました。

スギナは「どこが切れてるか?」なんて言いながら小さい頃に誰もが遊ぶ、節がいっぱいある雑草です。

スギナは地面の浅いところにに地下茎を伸ばして繁殖するのですが、春になると土筆(つくし)(胞子茎)を地上に出して、胞子を放出するんだそうです。

つくしとスギナは全然別のものだと思っていたので、びっくりしました。

posted by ぞうのはな子 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

カフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館

IMG_2645-1_2_1.jpg


井の頭公園の動物園の前の道路を渡った少し奥のところに、おしゃれなカフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館があります。

フランス・ブルターニュ地方の家庭料理、ガレット(そば粉のクレープ)のお店です。


IMG_0025-1_1.jpg

これはサラダガレット 950円

右に写っているのはハーブティー



IMG_0027-1_1.jpg

こちらはフレッシュトマトときのこのジェノヴェーゼ 950円



他には
生ハム、卵とチーズ
ラタトゥーユ
サワークリームとゴルゴンゾーラ
などがあって、スープやサラダとセットにすることもできます。

デザートは小麦粉のクレープで
キャラメルバター
ショコラオランジェ
など500円~650円

飲み物は
フランス産のワイン、シードル、ビールや、ハーブティー、フルーツティーなど、おしゃれなものが充実しています。


井の頭公園をお散歩しながら立ち寄るのにぴったりのステキなお店です。

わんちゃんもOKです。

東京都武蔵野市御殿山1-19-43
0422-43-0015
11:00~20:00(L.O.7:30)
無休


お店の周りは、今、新緑がとってもきれいです。
IMG_5965.JPG


近くの玉川上水沿いの小道はマイナスイオンがいっぱいで気持ちいい~!
IMG_5962.JPG



大きな地図で見る

posted by ぞうのはな子 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 井の頭公園内のお店 | 更新情報をチェックする